高尾山謎解きポスター


先日「冬の高尾山 謎解きツアー」に参加してきました。

夫がどこからか聞きつけたこのイベント、わたしは以前から高尾山に興味があったので行くことにしました。

謎解きは初めて体験しましたが、とても楽しかったです。

昼食の冬そばキャンペーンや登山についても合わせてお伝えします。



(答えやネタバレを知りたい方は、下のリンクをクリックで移動します。

 >>「冬の高尾山 謎解きツアー」のネタバレと答え合わせです




〈スポンサーリンク〉


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1805110582493677"
data-ad-slot="9127398258">





「冬の高尾山 謎解きツアー」の概要


高尾山謎解き問題用紙


問題用紙を手に入れ、そこに記載してある5つの謎を解きながら、5つのスポットを回りゴールを目指します。

正解者の中から抽選で賞品が当たります。



■日時:2017年12月28日(木)〜2018年2月28日(水)

■場所:京王線高尾山口駅とその周辺

■問題用紙配布場所:
  1. 京王線・井の頭線各駅

  2. イオンシネマ シアタス調布

  3. ICI石井スポーツ店舗(ICI登山本店、ICI新宿西口店、石井山専新宿東口ビックロ店、ICI大丸東京店、ICI吉祥寺店、ICI立川店、ICI高尾店)
※合計5万部。なくなり次第配布終了

■賞品:

【特賞】Newニンテンドー3DS LL 2名

【京王プラザホテル賞】クラブルーム プレミアグラン1泊朝食付宿泊券 1組2名

【イオンシネマ シアタス調布賞】イオンシネマ映画観賞券 25組50名

【ICI石井スポーツ賞】LIGHT MY FIRE スポーク 2パック(ICI石井スポーツオリジナルカトラリー)100名

■問い合わせ先:京王お客さまセンター TEL.042-357-6161(9:00~19:00)

■特設サイト:>> 冬の高尾山 謎解きツアー特設サイト


謎解きツアーに実際に参加してみた感想


当日は、朝9時半頃に高尾山口駅に到着しました。

駅を降りると、本格的な登山客が多数いたのでちょっと驚きました。

(高尾山に対して、もう少しカジュアルなイメージだったので)



謎解きは改札を出たところからスタートです。

参加していた人の服装から察すると、謎解き目的の人と登山目的(ついでに謎解き)の人が半々くらいでした。

謎解きは高尾山口駅の周辺、街中を歩きます。

所要時間は、謎解き初心者の大人二人で1時間〜1時間半くらいでした。

山の中を6時間くらい歩くことを覚悟していたので、意外と早く終わった印象です。

(謎解きと登山をした人のブログを読んで勘違いしていました…)



謎解きの内容は面白かったです。

簡単過ぎず、難し過ぎず。

謎が解けると爽快感もあります。



持ち物は、

デジカメやスマホなどの写真が撮れるもの、

それとペンや鉛筆などの筆記用具があると便利だと思います。



朝10時前にスタートしたときは数組の参加者でしたが、昼頃は参加者が増えていました。

参加者が多いと人だかりができるので、謎解きのスポットがわかってしまいます。

これだと、自分で謎を解かなくても済みます。

とにかくゴールしたいという人にはいいと思いますが、自分で謎を解きたいという人は空いた時間を狙った方がいいと思います。


昼食には「高尾山の冬そばキャンペーン」


高尾山の冬そばパンフ


謎解きは昼前に終わったので、昼食を取ることにしました。

駅の観光案内窓口にて、問題用紙と一緒に「高尾山の冬そばキャンペーン」のチラシをもらっていました。

これは、参加店18店の500円以上のそば・うどんが100円引きになるというもの。

1人1枚使えるので、かなりお得だと思います。



私たちは日光屋さんというお店に入りました。

夫は「とろろ芋の天ぷらそば」、わたしは「自然薯そば」を頼みました。

自然薯って柔らかくって粘り気があって美味しいんですね!

夫も、とろろ芋の天ぷらに舌鼓を打っていました。

こちらのお店は、他のお蕎麦屋さんに比べ少し外れたところにあるせいか、安めの価格設定でした。

(外れているといっても、全然歩ける距離なので穴場かもしれません)

日光屋の自然薯そば



また、そば・うどんを食べると1つスタンプがもらえます。

3つ集めると、特製ピンバッジがもらえるそうです。



>> 高尾山の冬そばキャンペーン 公式サイト


高尾山で軽い登山


昼食を食べた後、少し歩くことにしました。

30分で周れるルートが2つあったのですが、ケーブルカーに乗らなくてはいけません。

歩いて登る他のルートはかなり本格的です。

そこで、6号路を利用し「びわ滝」まで往復することにしました。



道がぬかるんでいたので、かなり気を使って歩きました。

動きやすい服装とスニーカーでしたが、少し心もとなかったです。

次に来るときは、トレッキングシューズを用意しようと思いました。

山歩き自体は楽しかったので、次回は頂上まで登ってみたいです。

山を降りたあと、おまんじゅうとお茶をいただいて帰りました。


謎解きツアーでは、解けない謎があった


こうして謎解きツアーを楽しく終了したのですが、実は解けていない謎が1つありました。

(詳細は省きますが、その謎自体を解けなくても先に進め、ゴールできました)



おおよその答えはわかっているので、その答えに辿り着く行程を考えていたのですがしっくりきません。

家に帰ってからもずっと考えていて、ふとした瞬間に答えがわかりました。

わかった瞬間、脳みそに詰まっていた大きな岩が勢いよく転がり落ちた感じの爽快感を感じました。

その感覚が今までに感じたことのないものだったので、楽しかったという気分がさらに上乗せされました。



ちなみに、その謎が解けなくてモヤモヤしていたのはわたしだけでした。

夫はゴールできたからそれでいいと言っていました。

全部解きたい!というのは、わたしの完璧を求めるこだわりでしょうか。


謎解きツアーに参加される方は、お早めに!


かなり満喫した「冬の高尾山 謎解きツアー」。

今月末で終わってしまいます。(冬そばキャンペーンも)

無料で楽しめるので、興味のある方はお早めに高尾山口駅に向かってくださいね。











読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ




スポンサーリンク