2018年の冬ドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」。

このドラマは、わたしに文字通り元気をくれました。

その感謝の気もちを込めて、「リピート」についての感想記事を書きました。



リピートを見た頃のわたしの体調などは、下の記事にあります。

>>「リピート〜運命を変える10か月〜」とわたし。







1.「リピート〜運命を変える10か月〜」について概要



「リピート〜運命を変える10か月〜」は、2018年の1〜3月に放送された深夜ドラマです。


ーーーーーーーーーー

日本テレビ系列

1月11日スタート 木曜23時59分〜 全10回

キャスト:貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリ(ガレッジセール)、六角精児、島崎遥香、他

原作:乾くるみ

ーーーーーーーーーー

あらすじ:

風間という謎の男に、過去に戻ること(リピート)を提案された8人。

人生をやり直すために過去に戻ったはずの彼らに、思いもよらないことが次々と襲う。

ーーーーーーーーーー


>> 【公式】木曜ドラマF「リピート ~運命を変える10か月~」|読売テレビ・日本テレビ系



2.「リピート〜運命を変える10か月〜」の感想


今回わたしが「リピート」を楽しめたのは、前記事のように体調のことがあります。

もちろんそれだけではなく、ドラマ自体の面白さも理由です。

特に、ストーリーの面白さと、主人公である鮎美(あゆみ)の魅力の2つが大きいです。



2-1 ストーリーの面白さに引き込まれた


ストーリーはとにかく、衝撃やどんでん返しです。

第1話、第2話のラストで、まず驚かされました。



その後、中盤はやや中だるみを感じました。

けれどもストーリーが進み、連続殺人の真犯人がわかったところでまたびっくり。

そして最終回、衝撃を受けました。

中盤の中だるみを感じるほどの平和さとのギャップ…!



ラストは切なくもありつつ、怖さを感じました。

それでも立ち向かう鮎美の強さに、心を打たれました。



2-2 主人公「鮎美」の強さに勇気づけられた


貫地谷しほりさんが演じる鮎美は、コミュニケーションが苦手で奥手です。

まずそこに共感しました。



そんな彼女ですが、強いのです。

鮎美に対して、圭介(本田奏多さん)が少しずつ惹かれていきます。

わたしも圭介と同じように、とても魅力を感じました。



鮎美の前には何度も困難が立ちはだかり、また、幾度もひどい目に合わされます。

しかし、そのたびにくじけず立ち向かいます。

それを見るたび、「わたしならムリ…」と思っていました。



ラストも同じです。

かなりのどんでん返しと衝撃に、「わたしなら絶対にムリ…。絶対ムリ…」と思いました。



そんな「わたしなら絶対ムリ」な状況でも、鮎美は立ち向かうのです。

その姿に、かなりの勇気をもらいました。



鮎美がすごいのは、出来ることを精一杯やっていることです。

普段はコケたり泣いたりしていて、「デキる女」とは程遠いです。

そんな彼女が、その瞬間の出来ることに最大限チャレンジして、運命を変えようと必死に動きます。



以前いっしょに働いていた先輩を思い出しました。

天然さんで要領もあまりよくないのですが、とにかく頑張り屋さんで一生懸命でした。

ともに仕事をする中で、わたしも不器用なりにぶつかっていこうと思わせてくれた人です。



「リピート」を見ている間、わたしも鮎美といっしょに歩いてきた気がします。

職場で先輩に励まされたように、鮎美からも勇気をもらいました。

「うつ」だろうが何だろうが、いまの自分にできることを精一杯やろうと思えました。



「わたしも鮎美のように、運命に立ち向かう!(大げさ)」

そんな風に鮎美から勇気をもらったことで、少し元気が出て、気分も晴れました。








Amazonでレンタルする


主題歌「If ~また逢えたら~」


「リピート」に引き込まれたのは、主題歌の力も大きいです。

DAY6の「If ~また逢えたら~」です。

>> (YouTube)DAY6「If ~また逢えたら~」



裏声やギターが印象的な曲で、耳に残ります。

ストーリーにばっちりハマっているので、劇中でこの曲が流れると切ない気もちに拍車がかかります。

最終回を見終わった後は、この曲をループで聴いて口ずさんでいました。

「鮎美のようにわたしも頑張る…!」と自分を盛り上げました。



曲を聴いてビジュアル系かなと思っていたら、韓国のバンドグループでした。

日本語の歌詞で、これまたストーリーとリンクしていて良いです。








原作「リピート」


ネタバレを読まないようにしているので詳しくはわかりませんが、原作は登場人物やストーリーが違うみたいです。

ドラマ版がわたし的には完璧だったので、原作を読んでイメージが壊れるのもちょっと困ります。

でも多分読んでしまうのでしょう。。





最後に


わたしが「リピート〜運命を変える10か月〜」を見て、「面白い!」とか「うわっ!」とか「鮎美…!」と思った気もちが少しでも伝わっていると幸いです。

あの調子の悪いタイミングで「リピート」を見れたことにとても感謝しています。

その思いが強すぎて、書いても書いても書き終わりませんでした。

その様子を見た夫からは「自分がリピートしているんじゃないの?」と言われる始末。

「わたしがリピートを終わらせる…!」という強い決意をもって、ようやく書き終わりました。



「リピート〜運命を変える10か月〜」を制作されたキャスト、スタッフの皆様、ほんとうにありがとうございました。

わたしも、今後は鮎美のように一生懸命にもがいて生きていこうと思います。




Amazonでレンタルする



読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ




スポンサーリンク