いつもありがとうございます (•ㅅ•)

辛いもの好きさん必見。一味唐辛子「危険な一味」は辛くて美味しい! テレ東「車あるんですけど…?」でも紹介。

危険な一味写真

 
 
先日、知人から一味唐辛子をいただきました。 
 
その名も「危険な一味」。 
 
「寒くなってきたなぁ、辛いものを食べたなぁ」と思っていたタイミングだったのでバッチリでした。 
 
この「危険な一味」、かなりおすすめなので、ご紹介します。 
 
 

 

名前や見た目に惑わされることなかれ。とにかくおいしい

 

危険な一味写真2

 
 
この「危険な一味」。 
 
名前もそうですが、見た目もちょっとふざけてるのかな?って思いませんか。 
 
キャップには「危」の文字。 
 
名前の横には「DENGER」(正しくはDANGERですね)の文字。 
 
 
 
わたしは最初、ジョークグッズやパーティーグッズかな?と思いました。 
 
でも、そんな名前や見た目に惑わされないでください。 
 
しっかり。 
 
きちんと。 
 
ちゃんと。 
 
美味しいです。 
 
 
 
そもそも、これをくださった知人はとてもグルメな人でした。 
 
 
 
辛いのは辛いですが、ただ辛いだけではなく、どんなお料理にも合います。 
 
お料理の美味しさを引き立てつつ、しっかり辛いのです。 
 
これをいただいてからというもの、食事には欠かせなくなってしまいました。
 

その辛さは、まさに危険

 
そして、この「危険な一味」の辛さ。 
 
これは本当に辛いです。 
 
危険です。 
 
 
 
お料理にふりかけてみると、あまり辛そうな色をしていません。 
 
そのため、ついついたくさん入れてしまいそうになります。 
 
 
 
ですが、ちょっと待ってください! 
 
色とは裏腹に、ものすごく辛いです。 
 
そもそも、キャップには「危」、商品名に「DENGER(DANGER)」と記してあります。 
 
 
 
それだけではありません。 
 
商品のパッケージのほとんどが、注意書きです。 
 

危険な一味注意書き1

 
 
「自分以外の人の食べ物に 
 勝手に入れることは 
 絶対にしないで下さい!」 
 
 

危険な一味注意書き2

 
 
目・鼻・指への付着には十分に注意し 
 付着した場合は速やかに水で洗い流し 
 症状によっては医師の診察を受けて 
 医師の指導に従ってください
」 
 

危険な一味注意書き3

 
 
お子様の手の届かぬ所でお使いください」 
 
 
 
この注意書きからもわかるように、この商品が辛いとわかっている人が食べないと、ほんとうに危険な辛さなのです。 
 
そのかわり、辛いもの好きな人にとってはたまらない辛さだといえます。 
 
 
 
これをくださった人は常にバッグに持ち歩き、外でもふりかけているそうです。 
 
たしかに、プラスチックの容器は持ち歩くのに手軽ですし、名前を書く欄もあります(なんで?)。 
 

危険な一味名前欄

 
 
(追記) 
 
「車あるんですけど…?」では、「東京カレンダーWEB版」で激辛グルメのライターをされている金成姫(きむそんひ)さんが紹介していました。 
 
名前を書いて、「マイ一味」として持ち歩くそうです。 
 
マイ一味。 
 
MY一味? 
 
初めて聞きましたが、わたしもちょっと「マイ一味」を持ちたくなりました。
 

辛いものは冷え対策にいい?

 
わたしは冷えによって、PMSやPMDDがひどくなります。 
 
うつを避けたいわたしにとって、冷えは大敵です。 
 
 
 
辛いものを摂ることで、冷え対策にもなるかなと調べてみました。 
 
が。 
 
辛いものを摂りすぎるのは、あまりよくないようです。 
 
 
 
辛いものをたくさん摂ることで、汗をかき、結果体を冷やしてしまうとのこと。 
 
暑い国で辛いものが食べられているのは、そういうことですね。 
 
 
 
体を冷やしすぎない程度に、ほどほどに使いたいと思います。
 

最後に

 
とっても辛くて、とっても美味しい「危険な一味」。 
 
辛いもの好きな方へのクリスマスプレゼントにもいかがでしょうか。 
 

 
 
「危険な一味」の公式Twitterでもおすすめされていますよ。

 
テレビ東京「車あるんですけど…?【激辛マニアおすすめ!辛いけど美味しい店】」でも紹介されるそうです。 
 
放送日:2017年12月24日(日) 18時00分~18時30分&