いつもありがとうございます (•ㅅ•)

アップリンクのスクリーン1で映画を見ました。見え方や見やすい席についてまとめました

アップリンク看板

先日、渋谷のアップリンクへ映画を見に行ってきました。

アップリンクのサイトからチケットが予約できるのですが、その際に悩んだのが座席です。

シネコンのような大きなスクリーンではないので、見え方が不安でした。

実際に行ってみたところ、それほど見づらさは気になりませんでした。

どんな感じか知りたいという方の参考になればと思い、簡単にまとめます。

 

スポンサーリンク

アップリンク スクリーン1の座席表

わたしが足を運んだのは「スクリーン1」です。

アップリンクのサイトでは、次のような座席表で席を予約します。

(画像はクリックで拡大します)

アップリンク座席表

青い丸印のところから写真を撮ってきました。

入れ替え時間がとても短かく慌てて撮った写真のため、ブレて見づらいです。

なんとなくの雰囲気だけでも伝わればと思います。スミマセン。

B列7番からの見え方

わたしが座ったのは、B列7番。

このB列7番からスクリーンを見たものが次の写真です。

B列7番からの見え方

A列とB列は一番低くなっています。(後ほど図で説明します)

そのため、若干見上げる感じになります。

ちなみに、B列11番の右側の通路から撮った写真。

B列右側の通路から

 

C列の真ん中あたりからの見え方

C列の真ん中あたりの席からの見え方です。

C列正面からの見え方

ちょうど正面にスクリーンが収まる感じです。

E列9番の席からの見え方

E列9番の席からの見え方です。

E列9番からの見え方

前売り券で購入できる最後列です。

少しスクリーンが遠い感じです。

会場の段差について

 

アップリンク段差イメージ (会場の段差イメージ)

図で表したとおり、A列とB列がいちばん低く、C列以降は一段ずつ高くなっています。

そのため、よほど大きな人が前に座らない限りスクリーンは見えます。

A列とB列の床は同じ高さですが、A列の椅子は低いです。

(ローチェアというのでしょうか。下の写真です。)

A列の椅子

そのため、B列でも前の人が邪魔になることはありませんでした。

B列以降の椅子は、通常の映画館のようなドリンクホルダー付きの椅子です。

※A列はドリンクホルダーがないので、ご注意を。

座席の位置とスクリーンの大きさについて

アップリンクの「スクリーン1」は、それほどスクリーンが大きくありません。

そのためA列やB列に座っても、視界からスクリーンがはみ出すことはないです。

大きなシネコンの最前列のように、首の角度がおかしくなることもありません。

(若干見上げる程度です)

わたしはなるべく大きなサイズで映画を見たいので、アップリンクの「スクリーン1」なら前方が好みです。

C列の真ん中は、高さも丁度よく視界の収まりがいい感じでした。

見やすさでいうと、いちばん見やすいかもしれません。

E列は、少し遠い感じ。

人によっては物足りなく感じるかもしれません。

どの席を選べばいいか

迫力を選ぶならA列やB列、見やすさを選ぶならC列でしょうか。

ですが、どの席も見づらいということはないと思います。

(当日券の席は確認する余裕がなかったのでわかりませんが…)

お好みと空席状況で選んでいただければと思います。

最後に

今回、久しぶりにアップリンクのようなミニシアターに行きましたが、いいものですね。

良質な映画を届けようという映画への愛を感じ、刺激を受けました。

こういうのは、実際に行ってみないとわからないことです。

10〜20代の頃のように月に何度もというわけにはいかなくても、もう少し足を運びたいと思いました。

 

合わせてどうぞ

>> 「はじめての『バーフバリ絶叫上映』!!!」 感想、その他、準備したものなど