いつもありがとうございます (•ㅅ•)

ショック! iPhoneが壊れました。そのときの記録とわかったこと。

ショック!iPhoneが壊れました

 
 
先日、iPhoneが壊れました。 
 
ようやくショックから立ち直ってきたので、そのときのことを記録しておきたいと思います。 
 
すべてをまとめると膨大な文字数になりそうなので、この記事では概要を記し、補足記事を少しずつアップしていきたいと思います。 
 
 

 

iPhoneが壊れたときの状況

 
最初は、外出先で電波が入らなくなりました。 
 
「検索中」と出たり「圏外」と出たり。 
 
今までも、圏外から圏内(?)に移動した時にうまく電波を捉えられないことがあったのですが、電源OFF→ONで直っていました。 
 
今回は、電源OFFでもダメ、再起動(ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し)でもダメでした。 
 
通信会社のサイトを見ても、特に通信エラーが出ているわけでもなさそうです。 
 
 
 
家に帰ってからじっくり直すことに決めました。 
 
(こういった状況は起こりうるらしく、Appleのサイトに解決方法が載っていました。 
  
 「iPhone や iPad に「圏外」または「検索中」と表示される場合」 
 
 それ以外にも、検索するとたくさんの記事がヒットします) 
 
 
 
家で、PC(iMac)のiTunesに繋ぎ、バックアップを取りました。 
 
(ここでバックアップを取った過去の自分を、全力で褒めておきます) 
 
 
 
その後、iOSのアップデートを試しました。 
 
が、ここからどうしようもなくなりました。 
 
それまでは電波が入らないだけでWi-fiでは使えていたのですが、まったく何もできなくなりました。 
 
リカバリーモードから堂々巡りです。 
 
2時間くらい、ネットを見ながらいろいろと試したのですが変わらず。 
 
自分でなんとかすることは諦めて、Appleのサポートに電話しました。 
 

Appleのサポートに電話するも、状況は変わらず

 
Appleのサポートに電話しました。 
 
まず1人目の担当者が対応してくれました。 
 
内容は、わたしが試していた「アップデート」と「復元」、同じことをやりました。 
 
やはり状況は変わらず。 
 
この方の手には負えないと思われたようで、さらに詳しい人に代わりました。 
 
 
 
2人目の詳しい人は、画面を共有しながら1人目の方と同じ「アップデート」と「復元」を試しました。 
 
それ以外にも細かいことをチェックしましたが、やはりダメでした。 
 
 
 
ここまでで、さらに2時間弱。 
 
わたしの体力、精神力はボロボロです。 
 
結局、修理センターに持ち込み、そこで試すことになりました。 
 
 
 
けれどもAppleの方は2人とも、とても親身になって対応してくださったので感謝しています。 
 

修理センターに持ち込むも復活せず

 
日を改め、Appleのサポートの方が予約してくれた修理店に持ち込みました。 
 
Appleの方は持ち込み直前に修理店に電話をして、わたしのiPhoneの状況を伝えてくれました。 
 
わたしにも再び電話をかけ、流れを確認してくれました。 
 
 
 
そのおかげで、修理店ではとてもスムーズに対応してもらえました。 
 
 
 
しかし。 
 
やはり、ここでもiPhoneが復活することはありませんでした。 
 
 
 
ここで決断がせまられます。 
 
33,264円(税込)出して修理するのか、それとも新しいものを買うか。 
 
 
 
2日ほど悩んでいたのですが、今回は修理代金にプラスして新しいiPhoneを買うことにして、修理はしませんでした。 
 
 
 
———————— 
 
ここまでの流れをまとめました。

>> iPhoneが壊れました・2 復旧させるために試したこと

iPhone修理の正規代理店については、
>> iPhoneが壊れました・3 修理ができる店舗の調べ方

iPhoneが壊れたとき。修理するか、新しく買うか。
>> iPhoneが壊れました・4 修理か新しいiPhoneか、それとも格安スマホか
 
 

iPhoneが壊れても、大打撃はなかった

 
iPhoneが壊れてから修理店に持ち込むまで2日、この記事を書いている時点で4日経っています。 
 
未だに新しいiPhoneは手元にありません。 
 
 
 
iPhoneが使えなくなり多少の不便はあるものの、大きな打撃はありませんでした。 
 
(いちばんのダメージは「壊れた」という事実による、精神的なものでした) 
 
 
 
それは、わたしがiPhoneとガラケーを2台持ちしていたからだと思います。 
 
電話とメールはガラケーを使っているため、家族や友人とのやりとりはできます。 
 
 
 
また、わたしは現在仕事をしていないため、iPhoneを使う場面はプライベートのみです。 
 
わたし自身が多少不便になっても、他人に迷惑をかけることがなかったのは良かったです。 
 
 
 
そして、壊れる直前にバックアップを取っていたことも大きいです。 
 
データ自体は、新しいiPhoneに引き継げるという安心感があるので慌てずにすみました。 
 

iPhoneが壊れてわかったこと

 
iPhoneが壊れたのは、使い始めて2年2ヶ月くらいのことです。 
 
AppleCare(アップルケア:Appleの保険)をつけていたとしても、ちょうど切れています。 
 
 
 
4年くらい使う予定で購入したのに、2年ちょっとで壊れたのは痛いです。 
 
修理に33,264円(税込)。 
 
修理して使いたいけれど、修理代金が高すぎます。 
 
1万円くらい足せば、iPhoneSEが買えます。 
 
 
 
悩んでいるときに、ツイートしたところ、こんな返信がありました。 
 


 
まだスタートしていないものの、安価な保険サービスのようです。 
 
こういったものが普及すれば、もう少し安く修理できそうですね。 
 
今度は保険の加入も検討すべきだと思わされました。 
 

最後に

 
iPhoneが壊れて数日。 
 
ふだん使わない頭をフル稼働して、いろいろ調べたり問い合わせたりしました。 
 
 
 
修理は意外と高いこと、 
 
わたしにとってiPhoneはないと不便だけれど、それでもなんとかなること、 
 
バックアップの重要性、 
 
どうやって新しいiPhoneを選ぶか、 
 
スマホの保険について、 
 
など、わかったこともたくさんありました。 
 
 
 
iPhoneが壊れたショックは大きかったですが、今回の経験をもとに更なる快適なiPhoneライフを送りたいと思います。