100円ぬりえカレンダー表紙


わたしの家では、100円ショップ・ダイソーのカレンダーを使っています。

先日、2018年度のカレンダーを購入したので、ご紹介します。




〈スポンサーリンク〉

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-1805110582493677"
data-ad-slot="7553260779">



現在使っているカレンダーについて



100円カレンダー2017


上記の写真が、現在使っているカレンダーです。

現在、わたしは仕事もしておらず、外出する機会も少ないので、ほとんど予定はありません。

夫も、それほど多忙ではありません。

よって、書き込む予定もほとんどないので、100円のカレンダーで充分こと足ります。

これを、クリップ付きのマグネットで冷蔵庫に貼っています。

ここ数年は、このカレンダーを利用しています。


ぬりえカレンダーが発売されていた!



そろそろ、2018年のカレンダーを買わなくては…と思っていた頃、ぬりえカレンダーの情報をゲットしました。

以前もご紹介した、お福助さんのブログです。

100均ダイソーの2018塗り絵カレンダーレビュー☆+ちびっと塗ってみました



これは、要チェックや!ということで、ダイソーさんに行ってきました。

今までと同じタイプのカレンダーもあったのですが、ぬりえ好きとしてはこっちだろうということで、今年はぬりえカレンダーを買いました。


今までのカレンダーと比較



100円カレンダー比較


買う時にすこし不安だったのが、その大きさです。

今まで使っていたものより、ずいぶん大きくなります。

日付の部分だけで、ほぼ同じ大きさです。

二つ折りのカレンダーなので、日付の上に、さらに同じ大きさのぬりえ部分があります。



幸い、冷蔵庫には他に掲示物もなく、スペースもありました。

今までどおり、冷蔵庫に貼りつけて使えそうです。

ただし、かなりカレンダーの主張が強くなってしまいました。


少し塗ってみました



100円ぬりえカレンダー試し塗り


せっかくなので、すこし試し塗りをしてみました。

写真は、1月のキノコの絵柄です。

あまり毒々しくならないようにピンク系と紫系で塗ってみました。

色鉛筆はポリクロモスを使いました。

塗ってみた感想は、「細かいけれども、細かすぎず塗りやすい」です。



わたしが塗りあげようと思っている「インド文様とペイズリーのぬり絵ブック」に比べると、ずいぶんラクに塗れます。

(「インド文様とペイズリーのぬり絵ブック」は細かすぎて、現在、挫折中です。

 ちなみにカレンダーは、この本よりもさらに一回り大きいです。)





とはいえ、最近のわたしは集中力が続かないので、ここから先になかなか進めません。

ここまで1時間くらいで塗ったので、あと3〜4時間あれば仕上がると思うのですが、、



余談ですが、ほんとうに集中力がないため、現在塗りかけて完成していないぬりえが多数あります。

仕上げたいのは山々なのですが、ぬりえに向き合う気力が湧きません。

なにかよい方法はないものでしょうか〜



(追記)

毎月の完成作品を載せるページを作成しました。

このページの更新をモチベーションに、毎月塗ることを目標にしたいと思います!

>> (随時更新)ダイソーの「ぬりえカレンダー」の完成作品を載せていきます


最後に



ぬりえカレンダーを手に入れ、試し塗りをしてみました。

ぬりえとしては、大きさもあり塗りごたえのあるものでした。

カレンダーとしての役割も充分。

今の100円ショップは、ほんとうに何でもあるのだなぁと感心しました。

(参考:追記あり 100円ショップの大人のぬりえ本をご紹介します



目標としては、それぞれの月が来る前に塗り上げたいところです。

けれども、もし塗れなかったとしても、モノトーンのシックなカレンダーとして使用すればいいかー、と思っています。

興味のある方は、ぜひダイソーさんに足を運んでみてくださいね。














スポンサーリンク