いつもありがとうございます (•ㅅ•)

キャッシュレス時代に最適なお財布は? 自問自答してみました。

今まで使っていた財布に違和感を覚えたことをきっかけに、「キャッシュレス時代にどんな財布が最適か?」を自問自答して考えてみました。

その結果、わたしにとっての最適解は「大きさよりも薄いこと」という答えが出ました。

そこにたどり着くまでの自問自答を記事にしました。

財布を探している方にとって、考え方のヒントになったらいいなと思ってまとめました。
お互い、納得のできる素敵な財布を手に入れて、うきうきと過ごしましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きっかけは違和感

今まで使っていた財布に違和感を覚えるようになってきたため、

  • 何が違和感なのか
  • どういうものがしっくりくるのか

をじっくり考えてみました。

ざっくりとした違和感としては、色と形なのですが、より詳しく見ていきます。

使っていた財布について

違和感を感じた財布の特徴は次の2つです。

  • 派手な色と光沢
  • L字ファスナーの長財布

この財布を購入したのは3年くらい前。
それまでの長財布がボロボロになったタイミングです。
その財布は分厚かったので、もう少しスリムなものを持ちたいと思ってL字ファスナーにしました。
カード類も厳選し、6枚ほどにしました。

購入した頃は、今までと比べてスリムになったことに満足していました。
色と光沢も当時の気分を反映していて、そこまでの違和感はなかったです。(若干派手かな?とは思ってはいたものの、許容範囲でした)

スポンサーリンク

違和感についての詳細

このところ、財布を使っているとしっくりこないことに気づきました。

何に違和感があるのか考えたところ、
「派手すぎる」と「形がぼってりしている」に行き着きました。

当時の気分では許容範囲だった色が、今の気分には合わなくなっていました。当時もっと厳密に選んでいれば、おそらく今でも違和感はなかったと思うのが悔やまれますが、この後悔は今後に活かしていこうと思います。

形については、今のキャッシュレス時代に分厚く大きな財布を持つことへの違和感です。
スマホだけで外出する人もいる中、「こんなに大きな財布が必要なのか?」と思いました。3年ほど前はスリムになったと思っていた財布が、今では大きく分厚いものに変わっていました。

財布に求める条件

では、どのような財布がほしいのか。財布に求める条件を考えてみました。

まず最初に、スマホケースにカードを入れて財布がわりにすることを考えました。

…が、却下しました。

小銭が入らないこともありますが、スマホとカード類を一緒にすることに抵抗がありました。

わたしにとっての財布は「大事なもの」「貴重品を入れるもの」です。クレジットカードや身分証明書のような大切なものを人前で気軽に見せるのはちょっと怖いなと思いました。(電車などでスマホを使っている人のケースからそれらが見えることがあります)
※細かいことが気になってしまうわたし個人の見解です

スポンサーリンク

財布は財布として持ちたいということがわかったところで、改めて財布に求める条件はこちらです。

  • スリム(薄くてシュッとしたもの)
  • 色はクールな色(落ち着いているけどかっこよさがあり、なおかつときめく)
  • 必要最低限のお札、小銭、カードが入るもの
  • 長財布か二つ折りでシンプルな形
  • 高級なお店に入ったときに気後れしないもの(とはいえ、ブランドものにこだわらない)
  • 大切なものを入れるのにふさわしいもの

カード類は、かなり厳選して4枚になったので、カードポケットは最小限で大丈夫です。

また、今までは「大切なもの感」を重視していたため、存在感のある長財布がよかったのですが、今回はどちらでもいいかなと思いました。(現物を見て考えたい)
三つ折り財布はすでに持っているので省きました。(分厚さが出るので小ささにこだわりたいときのみ使っています)

今までの財布をお店で出すことに躊躇するようになったため、「気後れしない」を条件に入れました。ブランド財布なら使っていて気後れすることはなさそうですが、予算の問題もあるのでこだわらないことにしました。

自分が気に入って選んだものなら、ブランドものでなくとも堂々としていられると思いました。(気もちが大事!)

気になる財布

以上の条件をもとにネットで少し調べてみました。

二つ折りなら、この財布が気になるので見に行きたいです。

薄い財布abrAsus
写真は、SUPER CLASSICより

また、長財布の場合、こういう形だと厚みを感じにくくていいかなと思っています。シャープなイメージです。

現在の財布を使いつつ、上記の財布やその他の財布をたくさん見て、「これだ!」というものに出会えたら購入したいと思っています。

自問自答から見えたこと

財布自体については今のところ以上です。
このあと、自問自答する中で意外だったことをまとめます。

自問自答した中で財布に求める条件として、

  • スリム(薄くてシュッとしたもの)
  • 色はクールな色(落ち着いているけどかっこよさがある)

というものがありました。

これがわたしにとっては意外で、自分でおどろきました。
というのも、わたし自身やわたしのファッションは、「カジュアル」「ゆるい」「ラク」「自然体」「気さく」「リラックス」「ナチュラル」などが好きです。

「スリム」「シュッとした」「クール」「落ち着いている」「かっこよさ」とはほど遠いのです。
でも、自分が持つ財布を考えたときには、なぜかしっくりきました。

それはおそらく、「お金との付き合い方や使い方は、聡明で賢くありたい」という願望がこれらの言葉で表されているのではないかと感じました。

ふだんのファッションに合わせると、財布は少しかっこよくて浮いてしまうかもしれません。でも、お金を使う自分のイメージを大切に選ぼうと思いました。

また、自分とは全く無縁だと思っていた「スリム」「シュッとした」「クール」「落ち着いている」「かっこよさ」といった要素が、(お金にまつわる一部分だとしても)自分の中にあるということが大発見でした。

最後に

財布への違和感から、今のキャッシュレス時代に最適な財布を考え、自問自答しました。

その結果、「大きさよりも薄いこと」という答えが出ただけでなく、自分の知らなかった一面も見えてきました。

自問自答ファッションに出会い、みなさんの自問自答を拝見していたからこそ、今回ここまで掘り下げられ、自分の知らない自分を見つけることができたと感じています。

そのため、わたしの今回の自問自答もまとめておくことにしました。

お財布を探している方はぜひ、自分にとってしっくりくる財布はどのようなものかをじっくりと考えて、最適と思えるものをゲットしてくださいね。

「自問自答ファッションとは?」という方は、自問自答ファッションのあきやあさみさんのnoteがおすすめです。
>> 自問自答ファッション通信|あきや あさみ


他にも、たくさんの方がnoteやTwitterで自問自答されています。(「#自問自答ファッション」や「#自問自答ガールズ」で検索できます)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました