いつもありがとうございます(・ x ・)

※当サイトには広告・アフィリエイトリンクが含まれています

2022年1月、最近思うこと(未来の自分へ。死ぬまで生きる宣言)

いままで、生きることに対して消極的でした。

10年以上前のできごとを機に、積極的に死を選ぶのをやめました。

自らそういう行動はしないと決めた結果、しかたなく生きるというスタンスだったと思います。

もちろん、生きていれば良いときも悪いときもあります。

良いときは、生きていて良かったと思います。

悪いときは、「死にたい」「消えたい」と思います。

「死にたい」「消えたい」と思うものの、そういう行動はしないと決めたので、なんとかやり過ごします。これがつらいです。

「いつ死んでもいいのに」と思いながら、うつの波と生きていました。

年に何度も来るうつの底にいながら、あるとき感じたことがありました。

死なないと決めた以上、いかに「つらさを減らして生きていくか」を考えた方がラクなのではないか。

そう感じてからは、元気のあるうちに、うつのための対策を取ることにしました。

今までも、個人レベルでコツコツと対策はしていましたが(ブログにあるようなことです)、もっとまわりに助けを求めようと思いました。

具体的にいうと、頼れる家族、親族、友人などはいないので、公的な機関などを頼るということです。

そして、「どのような手を使っても生き延びていこう」と思うようになりました。

そう思うようになって、「いつ死んでもいいのに」から「死ぬまで生きてやる」と考えが変わってきたのに気づきました。

「できることをやり尽くして、生き延びてやる」、いつの間にか、生きることに積極的になっていました。

また、生きる意味についてずっと考えてきましたが、そんなものはわかりません。

考えれば考えるほど死にたくなりました。

だから考えるのをやめました。

ただ、生まれてきた以上、死ぬまで生きることにした。それだけです。

たぶん、この先も、いやなこと・つらいことがあったり、体調が悪くなったり、うつになったりするでしょう。

そのときは、やっぱり、「死にたい」「消えたい」と思うと思います。

そのときに、「死ぬまで生きてみよう」と再び思えるように、この記事を書きました。

                                                                                         
                                                                                         
                                                                                         
うつ
フォローはこちらから
じゅんころのアンテナ
                                                                                         
タイトルとURLをコピーしました