いつもありがとうございます (•ㅅ•)

ありのままの自分でいながら、自分を変える。ニーバーの祈りを知って

ありのままの自分のまま自分を変える。ニーバーの祈りを知って

2016年に、私は「自分を変える」と決意しました。

今までの生きづらい自分をなんとかしたかったからです。

(このことについては、何度かブログの記事にもしました)

その話を友人にしたところ、「でも、ありのままの自分でいることも大切だよね」と言われました。

確かに、自分を偽らず、ありのままの自分でいることも必要です。

友人に問いかけられ、すぐに返事ができませんでした。

その後もずっと考えて続けていたら、あるとき「ニーバーの祈り」を知りました。

「ありのままの自分でいる」と「自分を変える」、この2つをわたしなりに両立させる答えがありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニーバーの祈り

「ニーバーの祈り」とは、次のようなものです。

神よ

変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、識別する知恵を与えたまえ。

https://www.seig.ac.jp/edu/inori.htm

かつて、学校や会社でうまくいかず、くじけることが多くありました。

そのたびに、「わたしがいけないんだ、ダメなわたしのせいだ」と思っていました。

そして、自分なりに「ダメな自分を何とか」しているつもりでした。

つもり…というのは、何とかしているはずなのに、いつも同じようにつまづいていたからです。

今ならわかります。

ニーバーが言うところの、「変えることのできないもの」を変えようとしていたため、無理があったのです。

わたしにできることは、「変えることのできるもの」を変えること、「変えることのできるものと、変えることのできないものとを、識別する」ことでした。

「変えられるもの」と「変えられないもの」

具体的にいうと、わたしの場合、

「変えられるもの」は、自分の行動、考え方のクセ、などです。

「変えられないもの」は、自分の特性である発達障害やHSP気質の過敏さなどです。

今までは、これらのことを理解していなかったため、自分の特性を無理やりにでも「ふつう」に変えようとしていました。

それは、結局、体に負担を掛けたり、無理をすることだったため、どこかで破綻していました。

わたしがやるべきだったのは、特性や気質を理解した上で、どのように工夫するかを考えて実行することでした。

「ありのままの自分」と「自分を変える」

つまり、友人が言った「ありのままの自分」というのは、ニーバーが言うところの「変えられないもの」。

わたしが決意した「自分を変える」というのは、「変えられるもの」となります。

そのため、「ありのままの自分でいながら、自分を変える」ことはできるのです。

「自分を変えてきた」結果

2016年に「自分を変える」と決意してから、コツコツと行動してきました。

その結果、自分は「ふつう」ではないと思い知らされることが多くありました。

しかし、それを受け入れ、「じゃあどうするか」を考えることができるようになりました。

今は、わたしなりの生き方を少しずつ手に入れられています。

無理をせず、飾らず、素のままの自分で、できることをやっています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました