いつもありがとうございます (•ㅅ•)

ゴールドかローズゴールドか。iPhoneの色選びに悩んだら

iphone。ゴールドかローズゴールドか

 
 
先日、iPhoneが壊れました。 
 
復旧は難しかったため、新しいもの(iPhone 6s)を購入することにしました。 
 
そこで、悩んだのが色です。 
 
何をどう悩み、どう解決したのかをまとめます。 
 
(結論としてはゴールドになりました) 
 
 
 
関連記事 
 
>> ショック! iPhoneが壊れました。そのときの記録とわかったこと。 
 
>> iPhoneが壊れました・2 復旧させるために試したこと 
 
>> iPhoneが壊れました・3 修理ができる店舗の調べ方 
 
>> iPhoneが壊れました・4 修理か新しいiPhoneか、それとも格安スマホか 
 
 

 

ゴールドか、ローズゴールドか

 
iPhone 6sを買うと決まり、さて色を選ぼうと思いました。 
 
ここで、困ったことがおきました。 
 
ゴールドとローズゴールドで、まったく選べないのです。 
 
 
 
今までのiPhone 5sはシルバーでした。 
 
このときは、ゴールドが欲しかったものの手に入らず、シルバーを選びました。 
 
だから、次買うときはゴールドにしようと思っていました。 
 
 
 
その後、ローズゴールドのiPhoneが出て、ローズゴールドもかわいいなぁと思っていました。 
 
 
 
漠然とゴールドかローズゴールドと思っていたものの、いざ選ぶとなると甲乙つけがたい。 
 
考えても考えてもわかりません。 
 
 
 
色選びについての記事を検索してみました。 
 
どちらの色も、後悔した理由に「飽きた」とありました。 
 
また、ローズゴールドは個体によって色の違いがあるようでした。 
 
 
 
参考までに母に聞いてみました。 
 
わたしの悩みと同じようなことを繰り返すだけで、参考になりませんでした。
 

店に行って考えた

 
このままではラチがあかないと思い、お店に行ってみました。 
 
手にとってみることで、どちらが欲しいのかがわかると思いました。 
 
こんまり(近藤麻理恵)さんの提唱している、「ときめき」「きゅんっ!」を感じられると考えたのです。 
 
 
 
 
しかし。 
 
iPhone 6sはもはや、通常の店舗にはありませんでした。(Appleストアならあったかもしれません) 
 
色を見るには iPhone 7でもよかったのですが、わたしがまわったお店はジェットブラックばかりでした。 
 
 
 
困りました。 
 
中古の販売店を覗いてみたところ、ディスプレイの中にゴールドもローズゴールドも並んでいました。 
 
けれども、ガラス越しに見ているだけではイマイチわかりません。 
 
中古で買う予定はなかったので、さすがに商品を取り出してもらうわけにもいきません。
 

想像してみた

 
手に取って考えることは難しい。 
 
だったら、想像するしかありません。 
 
 
 
どちらの色を持ったときに「ときめく」か。 
 
 
 
ここでまた問題が起きました。 
 
ゴールドを持ったところを想像すると、「ホッ」とするようなしっくりくる感じです。 
 
ローズゴールドを持ったところを想像すると、「きゅんっ」という感じがします。 
 
 
 
「ときめき」だけで選ぶとすると、ローズゴールドが優勢なのですが、どうしてもゴールドが気になります。 
 
例えるなら、ゴールドは「家事もこなせ、落ち着いている、妻にしたいタイプ」、ローズゴールドは「明るくて可愛い、彼女にしたいタイプ」です。 
 
(なぜ男性目線なのかとか、偏見に満ちているとかは一旦おいといてください) 
 
 
 
愛を取るか、恋を取るか。 
 
 
 
また、頭が沸騰しそうです。
 

悩んだときは書き出してみる

 
わたしがいつも読んでいるブログに、「悩んだときは書き出す」とありました。 
 
考えてもわからないのだから、書き出してみました。 
 
 
 
ほしい理由「ゴールド」 
 

  • そもそもはゴールドがほしかった
  • 落ち着いた色合い
  • 金運がアップしそう?
  • 飽きがこなそう
  • しっくりくる

 
ほしい理由「ローズゴールド」
 

  • かわいい
  • 「きゅんっ!」とする
  • なぜか惹かれる
  • 気になる

 
こうやって書いてみて気づいたことがあります。 
 
ゴールドが欲しい理由は、わりと理屈っぽいというか頭で考えたような理由です。 
 
ローズゴールドは逆に、感覚的なものばかりです。 
 
 
 
こういうときは、理屈で選ぶよりも感覚で選ぶようにしています。 
 
言葉で説明できない、じぶんの感覚や気もちを大事にした方が後悔がないからです。 
 
 
 
しかし!!! 
 
今回は、「ローズゴールドにしよう」とはなりませんでした。 
 
 
 
ほしい理由を書き出してみて、ローズゴールドの方がいいかなと一瞬思いました。 
 
けれども、どうしても何かがひっかかる。 
 
その理由を探るべく、その色をためらう理由も書き出してみました。 
 
 
 
ためらう理由「ゴールド」 
 

  • 後悔しそう

 
ためらう理由「ローズゴールド」 
 

  • 後悔しそう
  • 飽きそう
  • 身の回りがピンクすぎる

 
いろいろと見えてきました。 
 
どちらにも「後悔しそう」とあります。 
 
後悔するのがイヤで、こんなにも悩んでいるということが見えます。 
 
 
 
ローズゴールドは「飽きそう」とあり、それもローズゴールドへの一歩を踏み出せない理由の1つです。 
 
 
 
そして決定づけたのが「身の回りがピンクすぎる」です。 
 
これは書き出して初めて気づいた、じぶんの気もちです。 
 
 
 
わたしが作業するスペースや、身の回りの持ち物。 
 
気づいたらピンクのものばかりです。 
 
これは、「どれがときめくかな?」とその都度、その選択肢の中で選んだ結果です。 
 
 
 
1つ1つはときめくものなので、気に入ってはいます。 
 
いかんせん。気づけばピンクばかりです。 
 
よくよく考えてみましたが、わたしは特別にピンクが好きなわけではありません。 
 
なのに、こうやってピンクが増えていくことに恐怖を感じました。 
 
「このままでは、林家パー子(さん)になってしまう!!!」 
 
 
 
そうして今回、ローズゴールドではなくゴールドを選ぶことにしました。
 

最後に

 
結局、iPhoneの色選びに2〜3日かかりました。 
 
悩んで悩んだ結果、書き出す方法でようやくゴールドに決まりました。 
 
書くことで、じぶんでも気づいていない気もちが見えました。 
 
「悩んだら書き出す」 
 
これは何ごとにおいても効果がありそうなので、ぜひ試してみてください。 
 
 
 
また、これだけ悩んだのだから、後悔はしないと思います。 
 
それよりも、じぶんの決断を後悔しないように生きることが大切なのかなと思いました。 
 
iPhoneの色に悩んだことから、えらく大げさな結論になってしまいましたが。 
 
色選びや、何かに悩んでいる方の参考になれば幸いです。