発達障害の特性、過集中について


発達障害の特性でもある過集中。

わたしも興味があることには、とにかくのめり込みます。

その様子は、まわりの「ふつう」の人たちから驚かれることもあります。

過集中は、いいこともあればデメリットもあります。

わたしは過集中が原因で腰を痛め、今も悩まされています。

今回は、そんな「過集中」についての記事です。

※わたし個人の体験談と感じたことです。






過集中によるメリット


過集中の状態になると、とにかくそこにのめり込みます。

脇目もふらず、すべてのパワーをつぎ込みます。

それによって、普段では難しいことを成し遂げます。



わたしが過集中で上げた成果は次のようなものです。

  • 懸賞に応募しまくり、年間100本くらい映画を観た

  • ダイエットを開始して4〜5ヶ月で6キロ落とし、体脂肪率は20%を切った

  • オンラインゲームを始めて数ヶ月でランキングに入った

  • ジョギングを始めて数ヶ月でハーフマラソン完走



これは普段のわたしでは、絶対にできないことです。

過集中により、知らない世界を見ることができました。


過集中によるデメリット


逆に、過集中によるデメリットもあります。


通常の生活が送れない


過集中の状態に入ると、他のものが目に入らなくなります。

とにかくそれに没頭します。

食べることや寝ることを忘れ、日常がおろそかになります。


過集中後にダウンする


自分の力を超えた200%や400%の力で取り組むので、ある程度のところで力尽きます。

それは日によったり(1日過集中して、翌日ダウン)、数ヶ月単位だったり(数ヶ月の過集中の後、数ヶ月寝込む)します。



数ヶ月単位のダウンはとてもキツイです。

それまでできていたことが一切できなくなり、数ヶ月の間うつ状態で寝込みました。


やり尽くしてしまう


過集中により自分の納得するところまで行き着くと、達成感があります。

それと同時に、一気に興味がなくなり飽きてしまいます。

せっかく、ある程度の知識や行動を身につけてもそこで終わってしまいます。


体を壊す


過集中後のダウンにも似ているのですが、体を壊します。

わたしの場合は、腰を痛めてしまいました。



ちょうどその時は、ぬりえ(コロリアージュ)とストレッチにハマっていました。

ぬりえは毎日5〜6時間、休憩も入れずに同じ姿勢で塗り続けました。

ストレッチも、柔らかい体を目指すあまり執拗に行なっていました。

腰に違和感があったのですが、筋肉が伸びているのだと勘違いして体を痛めつけました。



結果、まともに座れなくなり病院へ行きました。



1年ちょっと経ち、当時に比べ腰の調子は良くなりました。

しかし、長時間(2時間以上)のデスクワークをするとすぐに痛くなります。


最後に


過集中は悪いことではありません。

しかし、気をつけないとわたしのように体を壊してしまいます。

何事もほどほどがいいのだなぁと思いますが、それは発達障害であるわたしにはとても難しいことです。

日々、様々な試行錯誤をしています。

少しずつ工夫し、良い方法があればシェアしていきたいと思います。






読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ



スポンサーリンク