映画「みんなの学校」を見て感じたこと


映画「みんなの学校」を見ました。

発達障害(グレーゾーン)の当事者として、思うこと考えることがありました。

感想などをまとめたいと思います。




〈スポンサーリンク〉

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-1805110582493677"
data-ad-slot="7553260779">




映画「みんなの学校」について


「みんなの学校」は2015年に公開されたドキュメンタリー映画です。

もともとは、関西テレビのドキュメンタリー番組「ザ・ドキュメント」で放送されました。



内容は、大阪の公立小学校「大空小学校」のドキュメンタリーです。

不登校も特別支援学級もない

同じ教室で一緒に学ぶ

ふつうの公立小学校の

みんなが笑顔になる挑戦



キャッチコピーのとおり、障害があろうと無かろうと皆が同じ教室で学んでいます。

この、画期的で大変な取り組みをしている小学校の様子を映しています。





映画「みんなの学校」を見て


映画で取り上げられている子どもは、問題を抱えた子が多いです。

不登校だったり、暴力だったり。

自分の感情をうまく整理できなかったり。

そんな子どもたちに、先生は真正面から向き合います。



わたしは小学生の頃はおとなしかったので、さほど問題にはされていません。

けれども自分の気もちをうまく伝えられなくて、泣いたり、心を閉ざしていました。

映画に出てくる子たちと重なるところが多く、かなり感情移入してしまいました。

わたしの頃にも、こんな先生がいたら良かったのにと思いました。



大空小学校の先生は、生徒ととことん向き合います。

そして、きちんと話を聞いて生徒のことを理解しようとします。

これは、とても大変なことです。



ふつうの大人は忙しいので、いちいち付き合っていられません。

大人の理屈で「これはこうでしょ」と決めつけ、話を終わらせます。

わたしも自分の気もちを口にできないばっかりに、気もちを押し込められることがとても多かったです。



大空小学校の先生は「なぜそうしたのか」と気もちを聞いた上で、対応をします。

子どもたちも気もちをわかってもらえるので、先生の言うことを聞くことができます。

その信頼の積み重ねで、「問題」とされることが解消されていきます。



子どもは子どもなりに考えていることがあります。

それを理解するだけで、問題は問題ではなくなることが多いです。



大空小学校がこのような学校になったのは、校長先生(木村泰子さん)の力が大きいです。

校長先生自ら、生徒全員と向き合っています。

だから、子どもたちも先生への信頼と安心感があります。



わたしは夫と会うまで、気もちを理解してくれる(理解できる)人がいませんでした。

親や家族にすら、ずっと否定されてきました。

そのため、かなり情緒不安定だったと思います。

大空小学校の先生のような大人が、子どもの頃にいたら違ったんだろうなと思います。



映画では卒業式のシーンもありました。

大空小学校に通うようになって、少し安定した子どもたち。

せっかく良い方向に進み始めた彼らのことを、

中学に行っても同じように対応してくれる先生はいるのだろうかと心配になりました。



自分を振り返ると、中学、高校も不安定でした。(その後もですが…)

せめて10代の間だけでも、継続したサポート体制があるといいですよね。


最後に


大空小学校は、今はまだ「特別」な学校です。

今後こういう学校が増え、これが当たり前になるといいのになと思います。

ですが、現実にこのような学校があるということが希望だと思いました。



映画に出演されていた校長先生(木村泰子さん)は、現在は退職し講演などをされています。








映画「みんなの学校」は、現在も全国で上映会が開かれています。

(詳しくは、公式サイトをどうぞ)

>> 映画「みんなの学校」公式サイト







読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ




スポンサーリンク