3月半ばから、わたしは大きく体調を崩しました。

抑うつ状態がひどく、1週間以上落ち込みました。

気力が失われ、何もできない状態でした。

そんな中、ドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」だけは見ることができました。



横になってひたすら「リピート」を見ているうちに、少しずつ元気になりました。

今回、うつを抜けて元気になれたのは「リピート」のおかげといっても過言ではありません。

その感謝の気もちを込めて、「リピート」についての感想記事を書くことにしました。



しかし。

「リピート」への思いが強すぎるため、とてつもなく長くなることがわかりました。

見やすくするため、「リピート」を見るに至った経緯を今回の記事に分けました。

必要のない方は、下記から感想のページへどうぞ。

>> 感謝の気もちを込めて。「リピート〜運命を変える10か月〜」の感想です。



体調を崩し、「リピート」を見た


わたしは毎シーズン、5〜6作品のドラマを見ています。

「リピート」は2018年の冬ドラマの中で楽しみにしていたものでした。

>> 2017年 秋ドラマの感想と、2018年 冬ドラマで見たいと思っているもの

映画化もされた「イニシエーション・ラブ」と同じ、乾くるみさん原作というのが大きかったです。



いつもは、家事やストレッチをしながら録画したドラマを見ています。

「リピート」も1周目はそのように、さらっと見ました。



冒頭にも書きましたが、3月の半ばから体調が悪くなりました。

(この時期のことは、もう1つのブログにあります。)

>> 発達グレー じゅんころの「まいにち、一歩ずつ」



無気力、抑うつ、眠気、だるさ、過食など、今思い出してもなかなかの状態です。

今までの経験から、この時期をやり過ごせばいいのだとわかっていました。

しかし、何もする気になれず、横になって時間を持て余していました。



ひたすら横になって、時間が過ぎるのをただ待つだけ。

かなりつらい時間です。



動かない頭で、なにかできないだろうかと考えました。

読書、コロリアージュ、ネットサーフィン、などなど。

どれもハードルが高く、とてもやる気になれません。



録画したものを何か見てみようと思いました。

今期のドラマや、今まで録りためたもの。

やはり、どれも見る気になれません。



しかし、なぜか「リピート」だけはいけそうな気がしました。

おそらく1周目に軽い気もちで見ていたので、負担やプレッシャーを感じずに済んだのだと思います。

かなり弱っていたわたしは、他のドラマはどこかしら重く感じていました。

体調やタイミングが合って、「リピート」はちょうど良かったのです。



この「リピートなら見れるかも」「見てもいいかも」と思えたことは、とても大きいです。

なにしろひどいうつ状態で、他に何もできなかったのですから。

暗闇で一筋の光を見つけたような、わずかな希望が見えました。



そう思ったわたしは、どうせなら一気見しようと思いました。

そうすれば1〜2日は時間が潰せ、気を紛らわすことができます。



そこで、2周目をがっつり見ました。

そうしたら「リピート」の印象が良い方へ変わりました。

また全10回を見終わった頃には、体調がすこし良くなっていました。

主題歌を口ずさめるくらいになっていました。



「『リピート』の力すごい!」と思いました。







以上が、「リピート〜運命を変える10か月〜」とわたしについての話です。

このような状態で「リピート」を見た感想を、次の記事にまとめました。

>> 感謝の気もちを込めて。「リピート〜運命を変える10か月〜」の感想です。






Amazonでレンタルする





スポンサーリンク