面倒くさいときの解消法


あれもしなきゃ、これもしなきゃ。

でも何もしたくない。

できない。



いつもそんなことを思っていました。

何をするにも億劫で、動きたくない。

どう動いていいのかわからない。



そんなわたしが実感した、何をするのも面倒くさいときの解消法です。



※多くの人の「ふつう」ができなかったわたしの話です。

 一般的な人には、低レベル過ぎて参考にならないと思います。
 




とにかく面倒くさかった


わたしは、とにかく面倒くさがりです。

何回も見たいと思って買ったDVDも、パッケージから取り出すのが面倒で、どれも1回しか見ていないレベルです。

(買った直後のテンションで、最初の1回は見れます)



以前は、片づけ方法を知らなかったというのも理由だと思いますが、目の前のゴミ1つを捨てられず、気づいたら何度も汚部屋になっていました。



ただ、わたしの面倒くさがりは家の中だけです。

外出先や(かつての)仕事場では常に緊張し、「キチンとしなくては」という強い思いから、むしろ行動できています。



その緊張感からの疲れか、家ではいつも「ダルい」「面倒くさい」と思っていました。

気分が乗らないだけのこともあれば、実際に抑うつ状態のこともありました。

何もしたくないという気もちに身を任せていたら、そのうち「何もしない、できない人」になっていました。

たまにやってくる軽躁状態のときだけ動く感じです。



しかし、そうも言っていられなくなります。

それが2年ほど前のことです。

「うつを何とかする」「自分を変える」と決意して、動くことにしました。


動くようになって気づいた「面倒くさいの解消法」


少しずつ動くようになって、気づきました。

まずは、目の前にある「小さな面倒くさい」を1つやっつければいいだけだと。



たとえば「ゴミがあったら、それを拾う」、それだけです。

大抵は、拾うことができれば、そのまま捨てられます。



実際に動いてみると、5〜10秒くらいのことです。

たったそれだけのことなのに、なぜか頭で考えると、とてつもなく面倒なことに思えるのです。



だから、頭で考える前に、まず拾います。

繰り返しになりますが、それだけです。



面倒くさがりだった頃は、「ゴミ1つのために動くのは億劫。すこし溜まったらまとめて捨てよう」と思っていました。

しかし、面倒くさがりなわたしが、すこし溜まった時点で動けるわけがないのです。

溜まったゴミを見て見ぬふりをしているうちに、どうにもこうにもならなくなります。



1つの面倒くさいを放置すると、次の面倒くさいがやってきて、どんどん溜まります。

そして、絶対にやりたくなくなるのです。



やるべきことをやらずにいると、常にそのことに気を取られます。

頭の一部にそのことが引っかかり、モヤモヤし続けます。

やっつけてしまえば、頭も心もスッキリします。



また、まず1つやることでエンジンがかかり、別のこともやろうと思えるようになります。

慣れると複数のことをこなせますが、最初は、それこそゴミ1つ捨てるだけで良しとします。

いまでは、ゴミをその都度捨てられるようになりました。

(最初に言いましたが、これくらい低レベルな話です)



それでも、わたしにとっては大きな進歩です。

ここまで動けるようになったのは、日々動くことを意識していたからです。

「自分を変える」と強く思っていました。

少しずつ動けるレベルが上がり、多少のうつ状態ならできることも増えてきました。



さらに、そのことが自信になり、より動けるようになりました。

そして、それにともない面倒くさいと思うことがずいぶん減りました。

目の前の小さな1つをやっつける。

これを継続することで、いつの間にか面倒くさいが解消されました。


「小さな1つ」もやりたくない人は?


そう言われたところで「できないものはできないよ」と思う人もいると思います。

かつてのわたしがそうだったので、よくわかります。



その場合の対処法は、2つ。

「やる気になるのを待つ」、あるいは「やる!と決める」ことです。

当たり前すぎて、ごめんなさい。

でも、これは約40年生きてきた実感です。



やってはいけないのは、「小さな1つもできない自分はダメだ」と自分を責めることです。

面倒くさいを解消しようと思っているだけで充分です。

いずれ、やる気になったときにやればいいのです。

そして、やる気になったときには、ぜひ腹をくくって取り組んでみてください。


最後に


書いているうちに、あまりのレベルの低さに自分でも不安になってきました。

でも、残念ながら以前のわたしはそんな感じでした。

そんな自分でも、なんとかなりました。

そのことを伝えたくて、過去の自分に声をかけるつもりで書きました。







読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ





2年前はこの本すら、面倒くさくて読めませんでした。(どんだけ)



スポンサーリンク