いつもありがとうございます (•ㅅ•)

「けものフレンズ」は発達障害にやさしい。再放送決定、第2期制作も!

けものフレンズ

TVアニメ「けものフレンズ」の再放送と、第2期制作が決定しましたね。

「けものフレンズ」を見たことがない方のために、簡単にご説明します。

それと「けものフレンズ」は発達障害にやさしいアニメだな、と思った理由も合わせてどうぞ。

TVアニメ「けものフレンズ」とは

2017年1月〜3月に、テレビ東京系で放送されたアニメです。

深夜アニメにも関わらず、大ヒットとなりました。

わたしは普段あまりアニメを見ません。

そんなわたしですら、思わず見てしまうほど話題になりました。

 

ストーリーはというと、

この世界のどこかにつくられた
超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。
そこでは神秘の物質「サンドスター」の力で、
動物たちが次々とヒトの姿をした
「アニマルガール」へと変身――!
訪れた人々と賑やかに楽しむようになりました。

しかし、時は流れ……。

ある日、パークに困った様子の迷子の姿が。
帰路を目指すための旅路が始まるかと思いきや、
アニマルガールたちも加わって、
大冒険になっちゃった!?

けものフレンズ公式サイト“イントロダクション”より

 
この困った様子の迷子というのが、「かばん」(←名前です。冒頭のイラスト左の子)。 
イラスト右側の「サーバル」といっしょに、ジャパリパークを旅します。

 

「かばん」は自分が何者なのか、わかりません。

それを探るために、広大なジャパリパークを進んでいきます。

その道中、たくさんのヒトの形をした動物(アニマルガール)たちと出会います。

これは、アリなの!?とびっくりした

はじめて「けものフレンズ」を見たとき、わたしはびっくりしました。

のっぺりした絵、あまりにも平和すぎるストーリー。

子供向けならわかりますが、深夜のアニメでこれが流行っているの?と戸惑いました。

けれど、とってもとっても話題になっていたので、半信半疑のまま見続けました。

見続けるうち、平和だけではないストーリーの奥行きを感じるようになりました。

エンディングに廃墟となった遊園地が映っていたり、人間が絶滅したと言われていたり。

なんだか不穏な空気もありつつ、その頃にはすっかり見慣れたキャラクターに癒されたりしました。

気づけばわたしもすっかりハマり、クライマックスでは大泣きし、最終話の「おわり」の文字が「つづく」と変わったところでは歓喜しました。

 

「けものフレンズ」はやさしい世界

なぜ、わたしがそこまで「けものフレンズ」にハマったのか。

それは「けものフレンズ」のやさしい世界観に惹かれたことが大きいと思います。

はじめは平和すぎることに戸惑いましたが、だんだんと心地よくなりました。

 

今の世の中、インターネットを覗いてみても、外出してみても、なんだかとてもギスギスしています。

他人を攻撃したり、引きずり降ろそうとしたり。

「けものフレンズ」の世界はそういうのがなく、みんなが協力的です。

 

現実の世界では、みんなと違うひとは指摘され、笑われ、矯正されます。

「けものフレンズ」では弱点や違いを指摘するのではなく、それぞれの動物の得意なことを生かしています。

「かばん」は、「サーバル」のように早く走ったり、木に登ったりはできません。

ですが、マップを読んだり、紙飛行機を折ったりと「かばん」にしかできないことをして仲間を助けます。

皆がそうやって、自分のできることをして生きているのです。

 

そこが、「けものフレンズ」は発達障害にもやさしいと思ったところです。

発達障害の人は周りと比べて苦手なことが多く、そこにクローズアップされがちです。

けれどもそうではなく、「けものフレンズ」のように得意なことを生かせる道を探る方が、皆が幸せになれます。

現実の社会も、「けものフレンズ」のような世界になるといいなと思いました。

再放送の予定について

最後に再放送の予定です。

気になった方は、ぜひ見てみてください。

第2期はいつ放送になるかはまだわからないので、再放送を見て楽しみに待っていようと思います。

 

テレビ東京系列
2017年8月14日(月)から
月曜〜金曜 朝7:30〜
※テレビ北海道、テレビせとうち、TVQ九州放送は初放送です。

 

(追記)
第2期の制作には、たつき監督は関わらないようですね。

あの世界観は、たつき監督だからこそ成しえたと言われていました。

たつき監督の創る第2期を見たかったので、とても残念です。

とはいえ、どのような第2期になるのか、見てみようと思っています。