いつもありがとうございます(・ x ・)

※当サイトには広告・アフィリエイトリンクが含まれています

うつヌケには、書くことがいい

うつヌケには書くことがいい

うつを何とかするため、自分を変えるため、6年ほどコツコツと行動しています。

関連記事 >> ありのままの自分でいながら、自分を変える。ニーバーの祈りを知って

その頃から「書くこと」も意識してやってきました。

この「書くこと」も、私には効果があったのでお伝えします。

                                                                                         
                                                                                         

書くこと=面倒、億劫だった

過去のわたしは、「何もしたくない」「動きたくない」のかたまりでした。

そんなわたしにとって「書くこと」は、面倒なこと以外の何物でもありませんでした。

考えや思いは頭の中にあります。

だったら、書いても書かなくてもいっしょ。

頭の中にあるのなら、それでいいじゃないかと思っていました。

それでも、書いてみることにした

自分を変えたいと思った約6年前。

さまざまな、本やサイトを読みあさりました。

その中には、「書くといい」という情報がたくさんありました。

それまでは「書くなんて面倒くさい」と思っていましたが、とにかく自分をどうにかしたかったので半信半疑でしたが「書くこと」にしました。

書くことの効果

面倒くさいし、半信半疑。

それでもしばらく「書くこと」を続けてみました。

そうしたら、書くことで少しずつ効果が出てきました。

  • 書くことでスッキリする
  • 過去に書いたものを見て、振り返りができる

わたしにとっては、この2つが大きな効果でした。

特に、振り返りをすることで問題点を見つけたり、成長を感じることができるため、次のステップに進みやすくなると実感しました。

さいごに

面倒くさいと思いながらも半信半疑で「書くこと」を続けた結果、効果を感じることができました。

現在は、「うつについて」と「これから(未来、希望)について」を2冊のノートに書いています。(それに加えて、具体的な予定は手帳につけています)

このノートについては、次の記事をご覧ください。

うつについて記しているノートのこと
前回、「書くこと」について記事にしました。 >> うつヌケには、書くことがいい 今回は、わたしが約6年前から書いている「うつ」に関するノート(「うつノート」)の...
                                                                                         
                                                                                         
                                                                                         
工夫、行動(療法)
フォローはこちらから
じゅんころのアンテナ
                                                                                         
タイトルとURLをコピーしました