いつもありがとうございます(・ x ・)

※当サイトには広告・アフィリエイトリンクが含まれています

コロナ禍の引越し記録 12.引越し後の手続きなど、緊急事態宣言の解除(2020年5月)

コロナ禍の引越し記録 12.引越し後の手続きなど、緊急事態宣言の解除(2020年5月)

このシリーズを最初から読むにはこちらからどうぞ

引越しの翌日、手続きのために役所や銀行をまわりました。

どこも混んでいて、完全に「密」。

恐怖を感じながらの手続きでしたが、意外にも給付金窓口だけはガラガラでした。

※給付金について
引越しに伴う手続きの必要性を確認するため、給付金窓口に行きました。
わたしたちの場合は、郵便局に住所変更の届けを出しておけばいいとのことでした。
実際、旧住所から新住所に転送されてきました。
また後日、新住所にも確認のための書類が届きました。

銀行の窓口は、接触回避のためにテレビ電話でやりとりしました。

週末、新生活に必要なものを買いに100円ショップに行きました。

ここが、もう!

セール会場かと思うくらいに人があふれていました。

(そういうわたしたちも足を運んでいるので、全く人のことは言えないのですが、)5月21日の近畿3府県の緊急事態宣言の解除で、このあたりも完全に緊張がとけてしまっていました。

やはり人が密集しているところは恐怖を感じます。

とはいえ、買わないわけにもいかないので、店内を半周している30人ほどの列に並び、急いで帰りました。

2020年5月下旬〜6月年表

この後(5月25日)、緊急事態宣言が全面解除されました。

わたしたちの住むエリアもようやくです。

といっても、やはりまだまだコロナは怖いので、ほとんどの時間を家で過ごしました。

(毎日出勤している夫は、通勤電車に人が増えてきたことが怖いと言っていました。

 今までは1席ずつ空けて座っていたが、当たり前のように詰めて座るし、人の前にも立つようになっている…ということでした)

わたしはひたすら家で過ごし、そのかいあってか、引越しから3週間後には全てのダンボールを開けることができました。

その後は、コツコツと家の中を整理する毎日です。

6月に入ってからは、プレッシャーと疲れから解放されたのか、ようやく体調が回復しました。

おかげさまで、無事に新しい生活を送ることができています。

                                                                                         
                                                                                         
                                                                                         
コロナ禍の引越し記録
フォローはこちらから
じゅんころのアンテナ
                                                                                         
タイトルとURLをコピーしました