空とアンテナ


忘れっぽさについて



わたしはとても忘れっぽいです。

自分の考えたことでも、けっこうすぐに忘れます。



どれくらい忘れるかというと、

この1〜2年、うつを何とかしようとしている中で、様々な気づきが多いです。

気づいたことがあると、夫にそれを伝えます。

すると、夫の返事はたいてい「それ前にも聞いたよ」です。



どうやら、以前にも同じようなことを気づいているらしいのです。

けれども、そのことを忘れ、何度も「気づいたことがある!」と嬉々としているようです。



夫から「前にも聞いたよ」と何度も言われたわたしは、初めはしょげていました。



以前にも気づいたはずなのに、なぜまた同じことを繰り返しているのだろう…

わたしは同じところを堂々巡りして、全然前に進んでいないのではないだろうか…

そんな風に思っていました。



それでも、何度もなんども「気づいたことがある!」と言っているうちに変化がありました。

気づいては忘れ、気づいては忘れ、と繰り返している中で、確実に自分のモノにしている実感が出てくるようになりました。


少しずつ、自分のモノにしている実感



夫から投げかけられた、ある言葉があります。

それは「自分本位」。

夫が使う「自分本位」という言葉は、決してわたしを責めるつもりで言っていません。

うつや発達障害があると、どうしても「自分本位」の考えになってしまい、それが自分を苦しめているという内容です。

けれども、幼少期から「わがままだ」「自分勝手だ」と言われてきたわたしは、どうしても責められているように受け取ってしまいます。



そんなわたしですが、コツコツと考え方のクセを直している中で、少しずつ客観的に自分を見られるようになってきました。

あるとき、いつものように夫が「自分本位」という言葉を発しました。

そのときのわたしの答えは、「そうだよね、自分本位に考えてしまうから苦しいんだよね。自分本位になってしまう特徴だもんね」というものでした。

あれほど嫌がっていた「自分本位」という言葉を受け入れていました。



そういう風に、少しずつ「自分の考え方が変わってきているな」と実感することが増えてきています。


〈スポンサーリンク〉

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-1805110582493677"
data-ad-slot="7553260779">



100分の1の考え方



水前寺清子さんの歌で「三百六十五歩のマーチ」があります。

一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる

この歌詞だと、結局三日で一歩進んでいることになります。



わたしの場合はもっとひどくて、100歩進んで99歩さがっているようなところがあります。

このことに気づいたとき、やっぱりわたしは絶望しました。

全然前に進んでいない、

わたしはやっぱりダメだ、と思いました。



ですが99歩さがっても、一歩は確実に進んでいるなと実感するようになってからは、わたしはそれでいいんだと肯定できるようになってきました。

たとえ99歩さがっていたとしても、進んだ一歩を大切にしようと思えるようになったのです。



そう思えるようになってからは、何事においてもその一歩にフォーカスしています。

100の気づきのうち、99忘れても1は覚えている、

100トライして、99失敗しても1は成功した、というように。



世の中の人は、きっともっと効率がいいのだと思います。

けれども、わたしは不器用だから100のうち、1つくらいです。

たった1つでも、その1つが2つになり、3つになり、どんどん増えていきます。



そうやってわたしは、100分の1を積み上げて生きることにしました。





スポンサーリンク