いつもありがとうございます(・ x ・)

※当サイトには広告・アフィリエイトリンクが含まれています

コツコツの成果を実感・1 雨戸の開け閉めができるようになった

コツコツの成果を実感1

うつをなんとかする、自分を変えると決意して数年が経ちました。

少しずつ、できることから行動しています。

その行動を通して、コツコツの成果が出てきたなと思うことがあります。

とても小さなことですが、その積み重ねが大切だと思うので、記録していこうと思います。

今回、実感したコツコツの成果は、「雨戸の開け閉めができるようになった」です。

どういうことか説明します。

以前のわたしは、朝起きることができませんでした。

理由は、日々疲れ切っていたからです。

昼に起きられれば良い方で、14時、15時に起きるということもしょっちゅうでした。

そのため、起きて数時間後には日が暮れてしまいます。

起きて雨戸を開けたところで、すぐに雨戸を閉めなくてはならない。

「だったら、雨戸には触れずにいよう」となりました。

それでも心の中では、「朝起きて雨戸を開け、夕方に雨戸を閉める」という生活に憧れがありました。

それから数年。

コツコツと規則正しい生活を送っていく中で、早寝早起きがすこしずつできるようになってきました。

日中に起きている時間が増えてきました。

そして気づけば、「朝起きて雨戸を開け、夕方に雨戸を閉める」生活ができるようになっていました。

わたしにとっての雨戸の開け閉めは、いわば「人間らしい生活」の象徴です。

そこに一歩近づいたことで、自信になりました。

規則正しい生活は、下記の本に記載されていた社会リズム療法(SRM)を取り入れることで習慣になりました。

(SRMについても、そのうちまとめたいと思います)

関連記事

                                                                                         
                                                                                         
                                                                                         
工夫、行動(療法)
フォローはこちらから
じゅんころのアンテナ
                                                                                         
タイトルとURLをコピーしました